無料メール相談も受け付けております。

当院のAGA治療と内容

料金表

AGA治療で治ります


AGAは進行しますので早期のケアが重要です。

放置しておくと徐々に髪の毛が減り薄毛が進行し「ハゲ」の範囲が広がっていき目立つようになってきます。「髪の毛の量が薄くなったように感じる」「洗髪のとき抜け毛が多くて気になってしまう」「髪の毛が細くなってきた」「朝、枕に付いている自分の抜け毛が気になる」など心当たりはございませんか?
日本ではAGAの悩みを持つ男性が1200万人ほどいると言われており、その数は年々次第に増えていっている現状です。


    当院のAGA治療


    東京玉川クリニック徳山院では、お客様の症状に併せたAGA治療を実施しております。 従来の経口薬(プロペシア)や外服薬(ミノキシジル)を始め、当院オリジナル注射やカクテル点滴など身体の内部・外部からも毛根を活性化させて発毛を促します。定期的にご来院頂き、進捗状況を観察することでより細かなアドバイスと症状改善に向けたアプローチが可能です。 一度男性型脱毛症が発症すると自然に止まることはなく、抜け毛も薄毛も進行が続いてしまうため、当院ではお客様の症状を細かく分析ししっかりと向き合い、継続的なAGA治療を行っています。 発毛を長年研究された医師の高い知識と技術力、東京玉川クリニック徳山院が培ってきた点滴・注射ノウハウを提供していきます。AGA治療方法や症状にてご予算に応じた治療も可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。
     

    • プロペシアとは?

      プロペシアはフィナステリドを成分とした経口薬(内服薬)でAGA治療に利用されています。男性型脱毛症はジヒドロテストステロン(DTH)という男性ホルモンが、髪の成長や活性を促そうとしている毛乳頭の働きを阻害・邪魔することから始まります。
      補足になりますが、DTHは血中のテストステロンに5α‐還元酵素が働いて作られる物質です。プロペシアに含まれているフィナステリドとう成分は、このテストステロンの働きを抑制する効果を持っており阻害するのです。結果としてDTHが作られなくなりAGA治療として効果を発揮します。
       

    • ミノキシジルとは?

      ミノキシジルはもともと、心臓病の降圧剤として開発されてきました。体内に取り入れられることにより、ミノキシジルは血管拡張または血行促進を起こすことによって、緊張をほぐす作用があります。
      現在では、発毛促進剤として利用されております。
      東京玉川クリニック徳山院でも、外服用として効果の高いミノキシジルをAGA治療に採用しております。